• 東金ひがし整骨院ではむちうち症について詳しく説明をいたします

HOME | むちうちの種類 ≫ 

むちうちには種類があります
東金ひがし整骨院

むちうちは、自動車の追突や衝突などの交通事故が起きた時の衝撃で、首が鞭のようにしなったために起こる症状のことをいいます。むちうちとひと口にいっても、むちうちには種類とそれに伴う症状があります。
 
まずは頚椎捻挫です。頸椎の周りの筋肉や靭帯などレントゲンには写らない、軟部組織が損傷されたもので、むちうちの中では最も多く全体の70%から80%を占めます。
 
首の捻挫により炎症を起こしたもので、首の周囲の筋肉や靭帯が過度に伸ばせれたか、断裂している状態です。症状として、首を伸ばすと、首の後ろや肩の痛みが強くなったり首や肩の動きが制限されます。
 
また首を動かしたときに痛みを感じたり、首や背中のこり、頭痛やめまいなどが起こります。
 
次に神経根型は、頸椎には7個の骨が連なっていますが、その中の脊髄からそれぞれの隙間を通って神経根という太い神経が出ています。追突などの衝撃で外部から圧力がかかるとこの頸椎の並びに歪みが生じ、神経の通り道が狭くなり、頸椎から出る神経が圧迫されてしまっている状態です。
 
症状としては、首の痛みや腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛みや顔面痛などがあります。
 
次にバレリュー型では、頸椎に走っている後部交感神経が損傷してしまいその結果、頚椎動脈が収縮して脳脊髄への血流が低下してしまうので、交感神経が過度に緊張して自律神経のバランスが崩れてしまい様々な症状を引き起こします。最も多いのが頭痛で特に後頭部の痛みがあります。首の痛みよりも先に頭痛から始まった場合にはこのバレリュー型が疑われます。
 
むちうちの治療は、整形外科や整骨院、接骨院で行われますが、まずは事故後は医師のいる整形外科で診断を受けるようにします。交通事故によって負った負傷をしっかりと証明するためにレントゲンやMRI診断が可能な規模が大きな整形外科で診断をしてもらいます。
 
しかし診断を受けたの治療はあくまでも個別の症状の改善を目的とする治療であるために、痛み止めとシップだけの治療となってしまいますので、整骨院、接骨院に転院して治療を続けることが必要です。東金市にあります東金ひがし整骨院では、むちうちの施術を行っています。
 
場所はJR東金線「求名駅」から車で7分のところにあります。駐車場も完備してあるので、施術時の送迎などにも利用できます。
 
保険診療はもちろん、交通事故治療は窓口負担が0円で労災保険の対応もしています。診療時間ですが、午前中は8時半から12時までで、午後は3時半から21時までとなっています。
 
定休日は土曜日の午後、日曜日、祝日です。また公式サイトの24hWEB予約では、空き状況をすぐに確認することが出来ます。お問合せフォームでは、お問合せ内容を選び、必要事項を記入して内容を記載し送信すると、メールで相談内容の返信をしています。来院するためには、当院の電話番号0475-86-6969に電話をかけ予約をとってから来院となります。

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門