• 東金ひがし整骨院では交通事故の後遺症治療・相談が可能です

HOME | 自賠責保険と任意保険 ≫ 

自賠責保険と任意保険について

東金市の東金ひがし整骨院は、各種保険を取り扱って施術を行う交通事故専門の整骨院です。交通事故では、特に後遺症の根本的な改善が得意です。

東金市の東金ひがし整骨院で扱う保険のひとつに自動車保険があります。自動車保険と一口に言いますが、その種類は自賠責保険と任意保険のふたつあります。

自賠責保険は強制保険としても知られ、国が交通事故の被害者の最低ラインでの救済を目的に定め全ての車両に加入を義務づけている保険です。被害者の最低ラインの救済のための制度なので、自賠責保険で補償されるのは人身損害賠償のみつまり対人事故だけとなっていて、支払われる額にも限度が設定されています。国の制度なので、自賠責保険についてはどの損害保険会社で加入しても保険料や補償内容などは全て同一です。

スピード社会と呼ばれる昨今、交通事故の状況によっては相手に対する賠償責任も多大なものとなります。よって自賠責では補償が不足してしまうケースも多々あり、それを補うために多くのドライバーが加入するのが任意の自動車保険です。自賠責とは違い、任意保険はそれぞれの保険会社が制度を作っているので料金や補償内容はさまざまですが、対物賠償も補償したり補償額が無制限のプランもあるなど、自賠責ではカバーできない部分を補償する内容になっています。

東金市の東金ひがし整骨院では、自動車保険の自賠責・任意保険をともに扱って施術をしています。よって交通事故の被害者になってしまった方は、まずは相手の加入している自賠責保険、そして自賠責の補償範囲で不足がある場合は任意保険を適用しますのでほとんどのケースで相手から施術費の補償が受けられます。費用の点では窓口での自己負担は実質ゼロ円となりますから、必要な期間は安心して施術に通うことができます。

相手の保険を使って施術に通うとなると、先方の保険会社との交渉や書類の上での手続きも当然必要になってきます。交通事故専門整骨院の東金市東金ひがし整骨院では、被害者の方にとって必要な施術がスムースに行えるよう保険会社との交渉や事務手続きなども親身にサポートしているので、この点でも安心です。

交通事故の被害者になってしまうと相手から治療費の補償が受けられますが、被害者が被る損害は治療費以外にもたくさんあります。そのひとつが、精神的なダメージです。被害者は、精神的に受けたダメージに対する賠償金として慰謝料を相手に請求できます。

慰謝料は、精神的なダメージに対して支払われるという特質から個人差が大きいという問題を伴います。そこで、個人差による格差を減らすために交通事故の慰謝料には計算基準が設けられています。

自賠責保険では、ケガの治療期間と実際に治療のために通った日数の2倍のどちらか短い日数を使って1日あたり4200円、120万円を上限とする慰謝料計算の基準があります。ケガの治療期間が100日だった場合、48日通えば96日分の、51日通えば100日分の慰謝料計算となる仕組みです。

東金市東金ひがし整骨院では、慰謝料計算の仕組みなど被害者が示談交渉を行う中で知っておくと役立つアドバイスもしています。

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門