• 東金ひがし整骨院では交通事故の後遺症治療・相談が可能です

HOME | 後遺症と後遺障害の違い ≫ 

後遺症と後遺障害の違いとは?

誰もが、いつ交通事故の被害者とならないとは限りません。
日常生活に支障がない程度の軽症で済めばよいのですが、場合によっては後遺症が残り、後々まで痛みや不自由さに苦しめられないとも限りません。今では多くの人が保険に入っているでしょうが、症状により等級認定は違ってきます。当然慰謝料の額も違ってきます。弁護士ではなく一般人であってもある程度は知識を持っておいた方が賢明です。いざというときに身体的肉体的負担だけでなく治療費という経済的負担も大きくのしかかってくることになります。
 
交通事故による怪我の程度はさまざまです。その中でもたとえ治療を受けても完治することなく、身体的・肉体的な症状が後に残ってしまうもの、それが「後遺症」です。ただある程度の期間治療を続けることで完治は難しくとも少しずつはよい方向に回復していく怪我もあります。

しかし、すでにできる治療はすべてしてしまい、それでも残ってしまった症状であったり、これ以上施術を続けたとしても良くも悪くもならない状況となった場合に、保険や損害賠償の世界では「後遺障害」と呼ぶのです。

その他に、怪我と事故との間に因果関係があるかどうか・それにより労働能力の低下にも影響を与えているかどうか・医学的に証明されているかどうか・自賠責保険の等級認定に該当しているかどうか、といった要件も満たすことが条件です。

そのため、病院で一度は整骨院などで診療を受けなければなりません。東金市にある東金ひがし整骨院でも交通事故治療の対応をしており、窓口負担0円で後遺障害についても取り扱っているため、ご利用ください。
 
後遺障害に該当するかどうかについては、医学的知識のみならず高度な法的知識も必要となります。認定を求めるのであれば弁護士についてもこの分野の専門家を選ぶようにしましょう。
 
もしも認定された場合、後遺障害慰謝料が支払われることになります。もしもこの障害を持つことがなければ得られたであろう利益・遺失利益を手に入れることができますし、その他にもこの障害を負ったことにより受けた精神的苦痛に対しての金銭・もしも介護が必要となればその介護料についても受けることができます。
 
ただ、後遺障害慰謝料の方が得とは言い切れません。なぜならもうこれ以上病院に通っても回復の兆しがないということで、たとえ後遺症が残っていたとしても入院費・通院費が支払われなくなってしまうからです。損害賠償額を少しでも低く抑えたいからと加害者側の保険会社から症状固定の診断書を送ってくるよう催促される場合もあるでしょう。
 
とはいえ、被害者の側としては慰謝料よりも自身の怪我が少しでも回復してその後の人生を障害に苦しまずに生きられることこそが望むことのはずです。だからこそ、信頼できる医師を見つけ出し、少しでも回復の兆しがあるならじっくり対応してくれる、そんな医師を探すべきなのです。
 
東金ひがし整骨院で、できる限りの治療は行いましょう。それでも治すことのできない怪我を負った場合には、専門家と一緒に保険会社を相手にすることで適切な額を受け取るのです。泣き寝入りすることはありません。
 

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門