• 東金市の後遺症・慰謝料相談なら東金ひがし整骨院へ

HOME | 慰謝料には色んな種類があります ≫ 

交通事故の慰謝料について

東金市にある整骨院の東金ひがし整骨院では交通事故治療などを行っており、交通事故治療であれば窓口負担0円で治療をしてくれます。
 
こうしたところに施術を受けに来る交通事故被害者の多くは相手方から慰謝料をもらうことになりますが、この慰謝料は実に様々な基準があります。本来損害賠償額は治療費用や休業損害、入通院慰謝料などを総合して決定します。その中で慰謝料は精神的な苦痛などを金銭に置き換えたものです。精神的な苦痛は目に見えるものではないため、その計算方法が大変ですがその基準となるものがいくつか存在します。
 
まずは自賠責基準です。自動車を運転する人は必ず加入が求められる自賠責保険をベースにしたものであり、必要最低限の補償しかされません。次に任意保険基準です。
 
自賠責保険だけではあまりにもカバーできていないため、それを補うために存在します。
 
ただその決め方は保険会社によって様々であり、わかりにくさがあります。
 
最後に弁護士基準です。こちらは判例などを参考にして算出されており、明確な金額もわかります。しかも裁判所の判例などがベースとなっており、金額もかなり高額になっています。そのあたりの攻防を保険会社や弁護士が行って実際の慰謝料が決定します。
 
こうした慰謝料は通院期間や入院期間、過失割合に休業損害の有無などで決まります。
 
自賠責基準では治療期間を算出する計算式が2つ存在します。1つは入院期間と通院期間を単純に足したもの、もう1つは入院期間と通院期間の中で実際に病院に通った日数を2倍したものです。
 
このうち、日数の少ないものを採用して1日あたり4200円との掛け算を行います。それでいくらになるかがわかります。自賠責保険では限度額が120万円となっており、それを超えれば加害者に別途請求していく形です。
 
一方、任意保険基準と弁護士基準も入院期間と通院期間の兼ね合いで決まりますが、明確な計算式はなく今までの実績で決まっています。任意保険基準と弁護士基準では2倍程度の違いがあり、保険会社に丸投げするのと弁護士に依頼するのではかなりの差になることも考えられます。
 
裁判を起こせば弁護士基準に近いものを勝ち取れますが、早くこの状況をなんとかしたいと思っている人が多く、とにかく普通の生活に戻したいと願う人が多い傾向にあります。とはいえ、任意保険基準と弁護士基準では2倍近く差があることから示談交渉でなんとか増額を狙うのが一般的です。
 
どの基準で計算をするかで金額面で大きな違いを生みます。
 
任意保険に入っていても弁護士特約をつけて弁護士にお願いするケースもあります。任意保険の特約などでしっかりと備えている人であれば、損害賠償額に関して言えば平均的なものを得られるのは確実です。
 
交通事故に巻き込まれた際はすぐに弁護士を雇うなどして事故の状況を克明に記録し示談交渉に備えていくことが、病院や整骨院などで治療に専念できる環境を作り出します。

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門