• 東金ひがし整骨院では交通事故の後遺症治療・相談が可能です

HOME | 交通事故の後遺症 ≫ 

交通事故の後遺症とは?

交通事故では主に車が衝突や追突、急停車をすることになります。そのため予期せぬ状態で大きく身体を揺さぶられることになるのです。
 
人の頭は体重の約一割ともいわれており、その頭を支えているのが頚椎、いわゆる首の骨です。また上半身を支えているのは骨盤ですが、これらが衝撃によって可動域を超えて動くことになり、神経や靭帯、筋肉などの損傷してしまったり、骨格が歪んでしまうこともあります。

交通事故後遺症の種類としてはむちうちが最も多く、その他にも機能障害や低髄液圧症候群、脳の後遺症などがあげられます。

むち打ち症は、首の骨が可動域を超えて大きくむちのようにしなることで頸椎などのずれが生じたり、筋肉や靭帯等が損傷して起こります。これは医学的には頸椎捻挫とか外傷性頸部症候群と呼ばれてるもので交通事故の後遺症としては最も多いものです。
 
むち打ち症による症状は様々な形で現れますが、代表的な症状としては首が痛い、回らない、頭が重い、痛い、手がしびれる等が挙げられます。また事故の衝撃は頭や首のみならず全身に及んでいます。腰痛がいつまでもなおらないという場合、骨盤が歪んでいることもあります。肩こりなどの症状も事故に起因している場合も多くあります。

やっかいなことにこれらの症状は事故後すぐに出現するとは限りません。数週間経過してから症状が出ることもあります。ここで注意をしなければならないのは不幸にも交通事故にあったら外傷の有無にかかわらず医療機関を受診しておくということです。医師に状況を説明して必要な検査は受けておかなければなりません。この作業を怠ると、事故後数週間たってから症状が出ても事故との因果関係が証明されず自賠責保険を適用できなくなることもあるので注意が必要となります。

医療機関を受診したが特に異常はいと言われたにもかかわらず、首の違和感や片頭痛等の症状がある等という場合、整骨院でのリハビリや身体にバランスを整える施術を受けることで症状がよくなる場合もあります。頭痛は酷い場合などは自律神経を整える施術も行っています。

また医療機関で治療を受けても頭痛や腰痛などの症状がすっきりしない場合は整骨院での治療が有効な場合もあります。医療機関と整骨院は併用できるので医師に相談してみましょう。いずれも自賠責保険が使用できます。

交通事故で最も大切なのは早期の治療です。交通事故にあったが少し頭痛や腰痛があるが大したことはないと生活していたのだが、症状が一向に良くならないという話もよく聞きます。交通事故の場合、少しの異変でも早めに治療をすることが症状を長引かせないためには大切です。

医療機関にでは理学療法を初めとする対症療法が中心になりますが、整骨院での治療は異なってきます。辛い症状の根本は交通事故の衝撃によって生じた骨格の歪みに起因している場合が多いので骨格矯正を行います。

東金市の東金ひがし整骨院では多くの実績により培われた確かな施術により交通事故後遺症の治療を行い、アドバイスをしています。

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門