• 東金ひがし整骨院では交通事故のむちうち治療が可能です

HOME | むちうち治療 ≫ 

むちうち治療について
東金ひがし整骨院

東金市の東金ひがし整骨院は、交通事故専門の整骨院です。交通事故治療では特に後遺症治療に強い整骨院で、病院の整形外科やリラクゼーションのマッサージサロンなどから多くの方が転院で通っています。

交通事故に遭うと、ケガの治療が終わっても後遺症が残ってしまうことがあります。交通事故の後遺症でよく知られているのは、むちうちです。

頚椎捻挫・外傷性頚椎症候群=むちうち

むちうちは医学的には頚椎捻挫や外傷性頚椎症候群という傷病です。
一般的にこのように呼ばれているのは、交通事故の瞬間に追突や衝突、急ブレーキの大きな衝撃で体がちょうどムチのようにしなるのが理由です。

衝撃を受けて体がしなると、頚椎や腰椎、骨盤などの骨格や関節は正常範囲以上に動き、ずれや歪みが発生してしまいます。
 
この骨格や関節のずれ・歪みは、いろいろな後遺症をもたらします。

骨格や関節のずれや歪みは、筋肉やじん帯の負担となり炎症をもたらします。
 
するとケガが治っても腰痛や首の痛みが続く捻挫タイプの後遺症となります。
 
骨格のずれや歪みは、神経根にも影響します。神経根がずれた骨格や関節により圧迫を受けると、しびれやぴりぴりした痛みが特徴の坐骨神経痛など神経根タイプの後遺症が発現します。
 
神経根の圧迫は、自律神経系統にまでおよぶことがあります。自律神経では心身の調子を整えるためのホルモン分泌を司っているので、交通事故で自律神経系統が影響を受けるとホルモンアンバランスからいろいろな失調症状が現れます。
 
自律神経失調症タイプのむちうちはバレリュー型と呼ばれていて、交通事故の後遺症とは気づきにくい冷えや不眠、めまいといった幅広い全身症状が見られるのが特徴です。

むちうちは追突事故で多く発症し、その程度も重症化しがちというデータがあります。このことは、後方からの衝突では特に衝撃が大きいことを示し、自損事故の後進で車庫入れ時の衝突などでもひどい後遺症が発現する可能性があると言えます。

東金ひがし整骨院ではさまざまなむちうち後遺症に対応

東金市東金ひがし整骨院では、こうしたいろいろなタイプの後遺症治療で根本的な原因になっている骨格や関節のずれ・歪みにアプローチする骨格矯正の整体を施術しています。
 
東金市東金ひがし整骨院の骨格矯正・整体では、痛みのある箇所だけではなく全身を丁寧に検査して痛みの原因になっている骨格や関節のずれ・歪みを探します。
 
そして、そこに手技や温熱、電気などの施術を組み合わせてアプローチしてずれや歪みを正し、後遺症の原因を取り除きます。

交通事故後の痛みで整形外科に行くと、まずはレントゲン検査があります。
 
しかしレントゲンでは骨格や関節のずれや歪みが後遺症をもたらしていることは診断できず、一次的な効果のシップや鎮痛剤での経過観察が一般的です。
 
リラクゼーションのマッサージでも、痛い箇所を押したりするだけで根本原因の骨格や関節のずれはそのままなので効果は一時しのぎで、施術が終わるとすぐにぶり返してしまいます。根本原因を取り除くのでリバウンドがないのが、東金ひがし整骨院のむちうち治療の特徴です。

東金市東金ひがし整骨院では自動車保険を扱うので、交通事故の被害者の方はほぼ全てのケースで相手の保険で治療費の補償が受けられ安心です。

東金ひがし整骨院へのアクセス


東金市×接骨・整骨部門